Top > 注目 > 万人に効果あるのではないことを知る

万人に効果あるのではないことを知る

もしかするとすでに利用してるかもしれないですが、グルコサミンを関与成分とした機能性表示食品もすでに売られてます。ですが、消費者庁へ届けられれる情報を見れば有効性評価は学術論文収載してるデータベースで検索された論文のうち1報のみ。ですが、これは一定基準のもと、適正段階を踏み論文絞っていて問題ありません。問題はこれだけ人気ある成分でも1報しか評価用いれず、この結果が皆さんに当てはまるかわからないといったこと。機能性表示食品でも万人に聞くもので鳴く効果得られる方いれば、そうでない人がいることを認識しましょう。そしてグルコサミン製品利用時に注意すべきことはアレルギーですが、エビなど含まれるアレルゲンが混入して、エビなどに対しアレルギーのある方摂取したらアレルギー症状起こしたりします。そしてグルコサミン含む製品利用で肝機能障害もたらすといった報告も。薬との相互作用に注意すべきです。それほど報告多いわけではないですが、グルコサミンはいった製品をワルファリンと併用してINR値上昇といった報告があります。

リョウシンJV錠は効かない?

注目

関連エントリー
万人に効果あるのではないことを知るタマゴサミン 楽天フルリ クリアゲルクレンズマカナ サプリ仕事のストレスから、両ほほに大人ニキビができました。